パチンコ規制で厳しくなる?!封入、設定、出玉でさらに勝てる未来




2018年2月パチンコ業界にまた新たな規制がありはじまります。

 

2016年12月のMAX機撤去は、記憶に新しいところだと思いますが、あなたが規制、規制って嘆きすぎなんじゃないかなと思いこの記事を書いています。

 

わたしもいろいろ規制について考えましたが

 

結論もっと勝てるようになる」

この考えにいたりました。

 

なぜか?を規制内容解説しながら書いていきます。

パチンコ規制(2018年) 釘、封入式について

警察庁は11月6日、都内新宿区の遊技会館で、ホール5団体の関係者を集め、検定機と性能が異なる可能性のあるパチンコ遊技機について、業界を挙げて撤去を推進するよう要請した。

 

当日配布された文書には、今回の要請に関わる経緯等が記されている。まず、遊技産業健全化推進機構による遊技機性能調査の現状に触れ、「同年8月までの調査結果によれば、約6割が一般入賞口に玉が全く入らず、残りの4割も10分間に10個も入らないとのことであり

 

検定機と同性能のパチンコ遊技機が1台も発見されない」という現状を指摘。

 

それとともに、日工組より既に「メーカーがホールに出荷する時点で、既に検定機と異なる性能となっている可能性があることから、該当するぱちんこ機について、業界挙げた回収を今後進めていくと報告を受けた」と説明。

 

以上のことから、警察庁はホール団体関係者に対し、風営法の遊技機規制に違反するおそれがある遊技機について「業界を挙げた回収に最大限協力するとともに、可及的速やかに該当型式に係る遊技機の撤去を推進して頂きたい」と要請した。

 

これに先立つ11月4日、日工組では警察庁に対し文書を発出。

 

文書の中で、傘下組合員メーカーに対するヒアリング調査結果により、出荷時の遊技くぎのBY値が、3未満となる遊技機が存在することを明らかにするとともに、釘問題の責任は日工組メーカーにもあることを認める旨を伝えた。

 

その上で、今後は“遊技くぎ”について適正な状態で出荷することを明言。

 

合わせて、既に出荷・納品済みで“遊技くぎ”で問題のある遊技機については、他の団体と協力しホールから回収していく考えを示した。

 

なお、“遊技くぎ”で問題のある遊技機の詳細は、今後、日工組より業界各団体へ公表される予定となっている。

引用:遊戯日本

今回のメイン規制である釘の規制について書いていますね。

 

封入式に移行する規制の話の中で、釘の存在が危ぶまれる話です。

 

ようは釘調整での管理から釘調整できない管理になるということです。

 

パチンコ終わっただの業界激震とネットやSNSで騒いでいますが、釘って昔から調整するのは違法行為なんですけどね(^_^;)

 

パチンコ屋さんもメーカー側が対策した調整しずらい壁面や、割れやすいとされる箇所でも最近はコツを覚えたのか、釘調整は行われております。

 

打っていて回らない台結構ありませんか?

 

それは、違法行為の釘調整しているからです(笑)

 

釘調整が、万が一取り締まりが激しくなる、もしくはプラスチックだけのパチンコ台になるとすると

「どうやって勝てばいいんだーパチンコ引退だー」

 

って騒ぐ人が多いんですけど、釘見てそもそも戦っていますか?

釘を覗き込んでいる人をたまに見ますが

わたしは、なにかのおまじないか、儀式にしか見えていません。

 

なぜか?

 

釘なんかに左右されず継続して、パチンコ勝っているんですよね。

 

万が一の話をしましたが、万が一がおこったとしても関係なく勝てますね。

封入式の未来予想図

 

さて歌はおいておいて

 

封入式パチンコの現段階での噂の話


玉を台に封入して内部循環式にしたパチンコになり、島管理ではなく1台ごとに玉を管理できる。

 

出玉や戻り玉はデジタル表示、打込みと差玉がすべて管理可能でパーソナルシステムの発展系と言える。

 

ちなみにパチンコメーカー組合での呼称は「ECO遊技機」。

 

イメージつきやすいのがゲームセンターにあるパチンコ台ですね。

 

どんなパチンコ台になるのか?上皿、下皿、ハンドル予想

上皿部分には液晶タッチパネルがあり、玉数は液晶部分に表示される。

  • 下のスペースにiPad程の大きさの液晶があり、データロボ機能の他、テレビや動画も見れる。
  • 新台情報や店の広告映像を流したりもできる
  • 玉内部を循環するので、下皿は存在しない。
  • ハンドルは横方向への可動式に変更。

ゴト対策によるところも大きいパチンコ台価格の上昇

  • 全面的に鉄板で防御して隙間をなくし、電波感知センサーを装備。
  • 基盤を交換されると動かなくなる等、ゴト対策が強化されている。

現段階では1台200万円程度らしいが、流通品は40万円程度まで押さえる噂。

封入式パチンコにまつわる黒い噂と導入時期

既に島設備メーカー数社で共同開発が進み、秋には封入式の1号機が登場するとの噂。

 

CR機導入の際に名前が挙った平沢勝栄代議士が、今回も関与しているという噂はたくさんあるのでまぁ政治家が絡むのはよくある話で

 

試験導入が今年中で、ホールへの本格導入は3~5年後という噂は現段階ででています。

パチンコ規制(2018年) 設定導入について

釘に続いて、パチンコ規制で設定導入も今回されるそうですが

パチンコの歴史をみていくと設定
昔はありました。

 

今のパチンコには、ないですが昔のパチンコには一部の機種に設定が存在していました。

 

パチンコ歴が長い方はご存知かと思いますが、有名なパチンコ台でいうと

・CRギンギラパラダイス
・CR大工の源さん

 

設定は3段階で、設定1~3まで存在し、設定1が一番大当りしやすい確率でした。
今回の設定でパチンコ屋さんが運営を行うとしたら?

 

全台設定を統一するんじゃないかなと考えます。
なぜか?

 

釘調整もできなくて、設定で儲けをとっていくならスロットと変わらなくなってしまうので、営業戦略上そのようなことは、考えないんじゃないかと想像できます。

ただ、万が一設定で営業してきたとしたら?

 

また「どうやって勝てばいいんだー」

って声が聞こえてきましたが(^_^;)

 

スロットの勝ち方で立ち回りをすればいいだけの話なので、問題ないと考えます。

あなたは、スロット勝っていますか?

 

スロットの解析勉強しても勝てませんよ。
よくコンビニやパチンコ屋さんで一生懸命雑誌見ている人がいますが

 

わたしには、ただ雑誌読んで目が疲れるし、ページめくる筋肉の無駄としか見えていません。

なぜか?

設定関係なくスロットも勝っているからです。

 

わたしは、現状スロットでも勝てていますので万が一が起こったとしても安定して勝っていけますね。

パチンコ規制(2018年) 出玉について

ギャンブル依存症対策として、1回の大当たりにおける出玉にも規制がかかりますね。

パチンコで大当たりしたときの出玉数の上限を現行の2400個から1500個に引き下げるというものです。

 

スロットも同様に480枚から300枚に引き下げられます。

 

また、標準的な遊戯時間とされる4時間で獲得できる出玉が発射総数の1.5倍と定められました。

 

パチンコを4時間打ち続けて発射できる玉は2万4000発です。

 

その1.5倍となると1万2000発が勝ち分となるので、1発4円で換算すると4万8000円が上限ということになります。

 

これに関しては

「正直いやです」(笑)

なぜか?

 

出すのに時間がかかるからです。


わたしは、ただの会社員ですので仕事帰りに打つことが多いのです。

 

通常2時間ぐらいの稼働ですが、これが3時間ぐらいになってしまうと思うと。。。

いやだなーと考えてしまいます。

 

時間もやっぱりお金なんですよ。スキルを身につけには、お金も必要ですが、やっぱり時間が必要で

こればっかりは、どんなお金持ちの人と比べても24時間しかなく平等なんですよね

 

なんで時間がかかると思うと出玉規制いやですね(^_^;)

スロット規制については、こちらの記事にて書いてあります。

パチンコ規制の記事とスロット規制の記事を合わして書いたら物凄い文字量になってしまったので記事をわけましたm(__)m

 

スロット規制、撤去台の情報を随時追記いたしておりますので詳しくはこちらをどうぞ↓↓

スロット撤去がはじまる2018年規制6号機は厳しい規制なの?

パチンコ規制追記。最新情報 小当たりラッシュも規制対象に 2018年1月5日更新分

日本遊技機工業組合が、内規の変更を発表したと「パチンコビレッジ」が報じ注目を集めています。

 

2017年12月23日時点で判明している内容は、「小当りラッシュの期待値変更」「確変継続率65%以上のリミッタタイプの最大出玉、一般電役タイプに関する総量の変更」というものです。

 

以前より懸念されていた「小当りラッシュへの規制」だけではなく

 

「リミット機の最大出玉減少」などユーザーにとっては喜ばしくない内容です。

 

注目されているのは、やはり小当りラッシュの期待値が減少されるという内容です。

 

大当たりではないために黙認されてきましたが、射幸性という部分に関して不安視されていましたからね。

 

今回の規則改正により4時間で獲得できる出玉が決められています。

 

大当り間のハマりで出玉を増やす小当りラッシュはトレンドになると期待されていましたが

 

規制されるということはマイナスに感じてしまいますよね。

 

メーカーの抜け道努力もが規制の対象になりそうですね

 

勝つのに時間がかかるからいやなんですけどーーーーーー(^^;)

追記 2020年パチンコ廃止問題について、ありえないけど盛り上がっている話

現在2018年1月28日なんですが、パチンコ2020年問題というのがネット上で盛り上がりをみせています。

それはなにか?

 

2020年パチンコ屋さんが全店閉店になるという恐ろしい話です。

まず最初に結論から

「ありえませんから」(笑)

 

ことの発端は、某〇ちゃ〇〇〇掲示板だと考えますが

 

これに輪をかけるようにフェイスブック、ユーチューブ、ブログと規制が厳しくなって最終的には、パチンコ屋さん廃止に!!

 

という想像情報が溢れています(^_^;)

 

パチンコ業界というのは18兆円産業です。

 

潰すとしたら、国が買い取る形しかないけどそれもありえないし

 

2020年東京オリンピック開催で確かに外国人には、イメージのいいものではない、もしくは異様な光景にうつるであろうパチンコ屋さんではあると考えますが

 

18兆円産業を潰した後、どれだけの失業者が出ることか

 

こんなあほみたいな政策を考えるとは、ちょっと考えられないです。

 

フェイク記事が、たくさん出ていますので、こんなパチンコ廃止記事見た際はあなたまで騙されないでまた書いてるはと今日から笑ってあげてくださいね

パチンコ規制内容によってさらに勝てる未来

上記3点で、パチンコは人気がなくなりパチンコ屋さんは潰れていくことでしょう。
パチンコユーザーはスロット、競馬、競艇、マージャンに流れていくことでしょう。

 

今現在勝っているわたしはどうすると思いますか?

 

パチンコでさらに稼いでいますよ(笑)

 

だってあなたのような熱心にパチンコ規制まで調べている人やパチンコ屋さんに朝からいるような常連、軍団いなくなりますもん!!

 

いなくなったら何が起こります?

 

ライバルが減った状態になり余計に稼げるようになりますよ!!

 

そもそもネットが、ここまで普及しているから騒がれているパチンコ規制であって、昔はこんなパチンコ規制の話なんて後から知ったもんです。

 

昔は、情報がある程度わかると、パチンコより今はスロットのほうが稼げるらしいとか聞いて

わたしも「そうなんだースロット覚えよう♪」

 

あほだったため昔はスロットに走りました(笑)

でも

今は違います。

 

このスロットに流れていった4号機時代にパチンコで勝っている人は数多くいました。
この当時パチンコ打っている人間は、相当ラッキーだと考えていたに違いません。

 

現在わたしが、想像する未来はこっちのライバルが少なくなってラッキーこっちの未来です。

 

現在わたしがこんなことを考えれるのは、前述した規制に対する明確な理由があるからなんですが、全国で活躍しているPOS(パチンコオンラインスクール)受講生も同じ考えです。

パチンコ勝ち組10%の画像

POS(パチンコオンラインスクール)で、稼働報告部屋というLINEグループがあり、全国の生徒の実績をアップし続けています。

 

生徒自身のモチベーションアップと自分ももっと投資を抑えて挑もうとか

 

自分もこの台打ってみようとか、ライバル心をもち切磋琢磨しているグループです。

今回わたしのブログ記事だけでは信用ならんというあなたのために、LINEのスクリーンショットをまとめた記事がありますので見てあげてください。

2017年4月POS実績まとめ

2017年5月POS実績まとめ

2017年6月POS実績まとめ

2017年7月POS実績まとめ

2017年8月POS実績まとめ

1つはクリックして見てみました?時間があるときにまた見てみてくださいね。

これが、パチンコ勝ち組10%に入っている。

POS(パチンコオンラインスクール)受講生実績の一部です。

※POS受講生全員が参加していません。また参加している受講生が毎回アップしているものでもありません。ほんの一部になります。

パチンコ規制と戦うための準備

POS(パチンコオンラインスクール)受講生と同じことを学べば、同じぐらいは稼げるようになるわけです。

POS(パチンコオンラインスクール)詳細はこちらで記事にしております↓↓

POS(パチンコオンラインスクール)詳細

 

15万勝ちは、受講する前もありましたが毎月負けない。

 

毎月勝っている

毎月パチンコ副業として成り立っている。

これは、POS(パチンコオンラインスクール)受講してからしか、体験したことがないです。

15万勝ちは、受講する前もありましたが毎月負けない。

 

毎月勝っている

毎月パチンコ副業として成り立っている。

 

これは、POS(パチンコオンラインスクール)受講してからしか、体験したことがないです。

 

同じ学びをしていないがため、稼げない、勝てない、規制や勝てない情報に踊らされ

 

不安になる

それならば

 

騒いだり、ネットの情報で踊らされている時間を使ってあなたのパチンコスキルを磨きませんか?

 

この方法がわたしが考える規制と戦うための準備と考えます。

まとめ

パチンコの規制で勝ちにくくなればなるほど、ライバルは減って一人勝ちできる状況に突入すると考えます。

どうやったら一人勝ちできるのか?規制前にちゃんとしたスキルは身につけたのか?

 

パチンコの本質は変わりません。

 

パチンコの本質さえ身につけることができれば

 

怪しい台を見つける→座る→打つ→出すです

 

もちろんこれからも変わることはないでしょう。

 

あなたが少しでも気になり、何か感じることがあったなら、少しパチンコで勝つことについて考えてみてください。

 

なにかヒントが欲しいというかたは、パチンコ、スロットで万年負け続けで、給料をすり減らすだけだったわたしや他のほとんどのPOS受講生が

 

毎月ホールから大きくお金を錬金し、人生そのものを変える事に成功している模様を

 

公式LINE@にて記事にしておりますので、お気軽に覗きに来てください。

 

ビバリー源
公式LINE@

今日のこのクリックが
一歩になり、勝つ道へと繋がります!

・ブログパスコードプレゼント
登録者限定プレゼント
続きはLINE@↓↓
登録の後で↓↓
友だち追加
※パチンコ、スロットで
勝たなくていい人は、登録しないで下さい。

 

 
ビバリー源

パチンコ、スロットが勝てない平凡な会社員が、パチンコの先生に出会い、学んだことで、パチンコ副業で1年間で100万以上、月収10万~30万稼いでいます。
>>詳しいプロフィールはこちら